寝具の花柄とパタン

最近布団カバーの模様と花柄がますます豊富となりました。
布団カバーの役割は基本的な生活需給から装飾的なインテリア需要に変わりつつあります。
素材から、編み、染め、完成品まで、ホームテキスタイルに対する全般の認識も高まっています。

花柄とパタンは寝具の美しい感度の重要な指標です。これから詳しくご紹介します。

1. 大きい花柄
大きい花柄は非常に充実に見えます。花柄の全体イメージと色彩が強調されます。
一般的に、動物、植物の模様がよく使われてます。そういった模様は特徴を掴みやすいので、拡大処理すれば、インパクトと存在感をアピールできます。




2. 小花柄
文字通りだと、小花柄と大きい花柄はサイズの違いと思いがちですが、実際はそう簡単ではないです。精巧で、きめ細かさに拘ります。ストーリ性の展開のように、流線型で撒き散らします。視覚効果上に小花柄の色彩で素材の背景色を覆します。結果的に、小花の模様と色彩で全体のきめ細かさとスタイルを表現します。




3. 点、丸型タイプ
最も基本的なのは、単色のドット、混色の丸型模様です。配列に規律性がなくて、固定の位置がないです。円形はそもそも様様な形に適合しているからです。その理由で、円形模様の一番大きい特徴は豊かで、まろやかです。最近はさらに、点、円形を小花と結合して、色彩と豊かさが一層に突出します。



4. チェック・格子柄
数学的な特徴を持ち、規律且つ立体感があります。グリッド型に交差並べ、簡単且つ鮮明となります。特別な色彩とイメージがないため、シンプルが一番特徴です。シンプルでモダンとスタイルを表し、最近若い人に人気あります。